事例紹介

自治体向け「ため池監視」のためのIoTソリューションシステム開発

IoTソリューション開発アイコン

IoTソリューション開発

ユーザー
基板製造メーカー
分野
IoT
担当フェーズ
外部設計~組合せ試験迄
利用技術(環境・言語等)
(無線端局装置/サーバー局装置)C言語
(PCアプリケーション)C#
(Androidアプリケーション)java
(特小無線)LPWA
開発期間/規模
(無線端局装置/サーバー局装置) 3か月/5KStep
(PCアプリケーション) 2か月/4KStep
(Androidアプリケーション) 2か月/4KStep

プロジェクトの課題

  • 近年の異常気象による集中豪雨が原因で、ため池の決壊リスクを早期に発見する必要がある
  • ため池が山間部や人里離れた場所に位置するため、通信環境が不十分
  • ランニングコストを抑制しながら、効果的な監視システムを構築する必要がある

ため池の状態監視による決壊リスクの早期発見

兵庫県内の市役所からの要請に応え、5か所のため池に管理カメラと水位計を設置し、無線端局を通じてデータを市役所に転送するIoTソリューションシステムを構築しました。

これにより、ため池の画像と水位情報をリアルタイムで送信し、決壊リスクを早期に発見することが可能になりました。

通信環境の安定化&ランニングコストの抑制を実現

山間部や人里離れた場所での不十分な通信環境を克服するため、ため池にある無線端局から市役所のサーバー局への中継局を設置し、アドホック通信環境を構築しました。

これにより、安定した情報伝送が可能になり、市役所の居室PCからため池の画像情報や水位情報を監視できるようになりました。

また、無線免許や通信費用が不要な特定省電力無線機を使用することで、ランニングコストを削減し、効率的な運用を実現しました。

自治体向け「ため池監視」のためのIoTソリューションシステム開発

Androidアプリによる常時監視の実現

「いつでもどこでも状況を確認したい」という職員様の追加要望に応え、当社はAndroidアプリも開発しました。

これにより、自治体の職員様がリアルタイムでため池の情報を確認でき、決壊リスクの更なる早期発見に寄与しています。

日本マイクロシステムズではため池監視をはじめ様々なIoTソリューションシステムを開発しています。IoTソリューションシステムのことならお気軽にご相談ください。

IoTソリューション開発アイコン

IoTソリューション開発

詳しく見る

IoTソリューション開発アイコン

IoTソリューション開発

災害予知AIシステム

ユーザー
自治体
分野
AI、IoT

詳しく見る

IoTソリューション開発アイコン

IoTソリューション開発

遠隔地に設置されている装置のリモート保守

ユーザー
総合電機メーカー
分野
IoT

詳しく見る

IoTソリューション開発アイコン

IoTソリューション開発

詳しく見る

CONTACT US

お気軽にお問い合わせください

06-6227-4002

営業時間:平日 9:15〜18:00

メールアイコンお問い合わせ